コラム|JR福島駅徒歩7分で歯科をお探しの方は【菊地歯科医院】まで

時間
9:30~12:30
14:00~18:30

★:土曜日午後は14:00~17:00まで
休診日:第2・第3金曜・日曜・祝日
※ただし祝日のある週の金曜日は診療いたします。

〒960-8032
福島県福島市陣場町9-21

  • 地図
  • メニュー

ひどいむし歯も抜かなくて済む治療法

皆さま、こんにちは。
JR福島駅東口から徒歩7分、福島銀行本店・信夫通りそばの菊地歯科医院です。
 
「根管治療」という治療法が発展したことにより、ひどいむし歯も抜歯をしなくて済む可能性が高くなってきました。
 
 

むし歯が悪化すると抜歯の可能性が…

むし歯が進行すると、歯の表面を覆うエナメル質、その内側の象牙質を突き抜け、神経にまでむし歯菌が感染してしまいます。
 
ここからさらに進行すると、神経も死んでしまい、「歯冠部」と呼ばれる歯ぐきから上の見える部分がほとんど壊れ、歯の根っこだけが残った状態となります。
 
ここまでむし歯が悪化してしまった場合、かつては歯を抜く以外に方法はありませんでしたが、根管治療が普及・発展したことで、抜歯を回避できることも多くなりました
 
 

根管治療とは?

根管は歯の中にあり、神経や血管が通っているとても細い管です。
 
根管治療では、根管からむし歯菌に感染した神経や血液を除去してきれいに洗浄・消毒し、歯根の先まで薬剤をすみずみまで充填します。
そこへセラミックなどでできた被せ物(クラウン)を被せ、歯の機能を回復させます。
 
歯の根は大変細く、複雑な形状をしているので、清掃や薬剤充填がしっかり行われないと、治療してもむし歯が再発したり、歯根の先が病気になったりすることがあります。
ですので、高度な技術と経験を持つ歯科医師が、精密な機器を使いながら、丁寧で的確に治療を行うことも重要な要素となります。
 
 

根管治療の流れ

1.神経・血管を除去する
根管から、むし歯菌に感染した神経や血管などをきれいに除去します。
この時にしっかりとむし歯菌を取りきっておかないと、再発する恐れがあるので細心の注意を払って処置します。
 
 
2.根管を洗浄・消毒する
根管内を徹底的に洗浄し、そのあと消毒して、根管内に菌がない状態にします
最初の処置で取り切れなかった部分は、ここでしっかりときれいにします。
 
 
3.根管に薬剤を充填する
歯根の先まできっちり薬剤を詰めてから密閉のためにフタをして、根管内が再びむし歯菌に感染しないようにします
 
 
4.被せ物(クラウン)を装着する
治療を行った歯に土台(コア)を立ててから、被せ物を装着して歯の機能を補います。
被せ物から細菌が侵入しないよう、精度の良い被せ物を作ってピッタリと接着します。
 
 

抜歯、と言われた方も諦めずに一度当院まで

当院では、小さな患部を拡大できる歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」を使って、精度の高い根管治療を行っています
 
他の歯科医院で抜歯するしかないと言われた方や、一度根管治療をしたのに再発してしまった方などは、ぜひ当院までご相談ください。
できる限り、大切な歯を守れるよう努めます。