コラム|JR福島駅徒歩7分で歯科をお探しの方は【菊地歯科医院】まで

時間
9:30~12:30
14:00~18:30

★:土曜日午後は14:00~17:00まで
休診日:第2・第3金曜・日曜・祝日
※ただし祝日のある週の金曜日は診療いたします。

〒960-8032
福島県福島市陣場町9-21

  • 地図
  • メニュー

セラミック治療のメリット・デメリット

皆さんこんにちは。

菊地歯科医院です。

 

昨今、審美歯科への関心が高まる中、セラミック治療を希望される方が増えてきています。

 

今回はそんなセラミック治療のメリットとデメリットをかんたんにご紹介します。

 

天然歯のように美しい

歯科用のセラミックの最大の特長は、色や質感、光沢などが限りなく天然歯に近い点です。

 

色調の調整も細かく行えることから、患者さまそれぞれの歯の色に近づけることができます。

 

大半の人は、セラミックの詰め物や被せ物を装着した部分を見極めることができないほど、自然な仕上がりが期待できます。

 

経年的に劣化しない

銀歯やレジンは、経年的な劣化が避けられない材料です。

 

銀歯は、使い続けていく中で、金属イオンが溶出し、メタルタトゥーや金属アレルギーの原因となります。

 

レジンは、経年的に変色、摩耗などが起こります。

 

一方、材料的に安定なセラミックには、そうした経年的な変化がほとんど現れません。

 

いつまでも白くて美しい状態を保てるのです。

 

むし歯が再発しにくい

セラミックは、歯質との適合性が極めて高いです。

 

すき間からむし歯が侵入することもなく、むし歯の再発リスクが低くなっています。

 

表面には汚れが付着しにくく、歯垢や歯石の堆積もほとんど起こりません。

 

セラミックのデメリットは?

ここまで、セラミックのメリットについて説明してきましたが、もちろん、デメリットも存在します。

 

それは強い衝撃に対して割れやすいという特徴です。

 

また、セラミック治療は原則として保険が適用されないので、銀歯やレジンよりは治療費が高くなるというデメリットがあります。

 

まとめ

このように、セラミック治療にもメリットとデメリットの両方があります。

 

それらを勘案した上で、治療を選択することが大切です。

 

ちなみに、当院ではクラウンやインレー、ラミネートベニアなど、いろいろな種類のセラミック治療に対応しております。

 

銀歯を白くしたい、審美性の高い詰め物や被せ物を装着したい、という方はいつでも当院までご連絡ください。